つれづれ日記

ヴァイオリンの音色に包まれて

ヴァイオリン買っちゃいました!!

ヴァイオリン買っちゃいました!!
金利0の36回分割ですが・・・。(汗)

長く続けられる自信が付いたので、少し前から色々と探していたのですが、
レッスンを受けている先生の店舗で弦楽器フェアをやっていたので色々と試させて頂いたところ、
音色が自分好みで価格もまあまあだったので買ってしまいました。

高音域はどんなに大きな音で弾いても滑らかさを失わない感じでとても気持ち良く、
低音域も深みがあるし、全域に渡ってバランスが良いので弾きやすいです。
弓も当初予定の価格帯より上がってしまったのですが、バイオリンの相性がとても良い感じ。
これしか無いなって感じに感じたので決めました。もちろん、これより高価格帯ので凄いのもありましたけど、
費用帯効果は最高って感じたのと、装飾がブルーで爽やかな感じが気に入りました。
先生に弾いてもらいましたが、フランス製にしては珍しくギャンギャンせずに、音がまろやかでかなり良いとの事でした。また、弓のグレートを上げると更に良い音になるので、秘めたパフォーマンスもあるとの事でした。あんな素敵な曲が上手く弾けるように早くなりたいですね。弾けば弾くほど楽しくなってきます。(笑)

■ヴァイオリン
フランス製 Mirecourt / ca.1920

■弓
ドイツ製 Alexander Langolf / AL-150

イメージ 1

イメージ 2