つれづれ日記

ヴァイオリンの音色に包まれて

技術大国という宿命

日本は技術大国である事の宿命として、
常に精神的進化を求められている国なのかもしれない。

新しいサービスや商品が次々と世の中に送り出される事によって、
知らず知らずに影響を受け、その結果、
思考パターンも少なからず影響を受けて変化をしていく。

社会の急激な変化には絶えず歪みが発生し、
その歪みはダイレクトに社会生活へと波及していく。

それは「人間とは何か」という、
人間が生存する上で最も必要となってしまった疑問に対して、
常に新たな回答を求める事でもあり、

それは私の最大の関心時・・・。